メインイメージ

特許事務所はアルバイト募集から

特許翻訳事務所の求人募集について離したいと思います。そもそも背景として日本は科学技術の特許数で世界2位を誇る国です。それだけ数多くの国際特許を出願があるということになります。この翻訳を行っているが、国際特許事務所ですね。多くのケースでは内部にプロパーを抱え、その人が担当となって業務をしています。しかし、この翻訳の世界でもアウトソーシングの流れはあります。プロパーだけではこなしきれなくなった案件については、外部者を募集し、案件をこなしているケースもあります。これは、専門会社に仕事を出すケースもあれば、個人で独立し仕事を行っている人に仕事を出すケースがあるでしょう。

このように個人によるアウトソーシングを行える会社であれば、単価を安く抑えることもできますので、専門のサイトにて募集をかけるケースがあると思います。ただ、この分野はやはり普通のとは異なり、それなりの業務知識、経験が必要になります。募集があったからといって、簡単に飛びついてもそうそう受注までたどり着けないでしょう。

まずは、この世界の翻訳に進む道としては、弁理士の資格をまず目指し、事務所に入り、その後に、力を発揮するという方法があると思います。特許事務所の募集からこの世界に入るという方法ですね。

もう一つは、専門の会社にアルバイトとして勤務する中で、特許に関する知識を身につけていくことです。これにより、特許翻訳の実務が行えるような経験を積むことができるはずです。

この業界では、特許はこれから需要が増えることが予測され、人員の需要も増えるはずです。そのため募集なども多くなってくることが想定されます。この業界で食べていくとするなら、そのための準備をしておくことは大切ではないかと思います。

特許事務所の募集と資格


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く