メインイメージ

トライアルを受けて出版翻訳家に

トライアルという試験を翻訳会社に採用される前にまずは受けることからはじまります。トライアルは実際に翻訳を行う試験で、就職の際に必要な履歴書や職務経歴書での選考の後に行われます。

通常、全くの未経験での採用はほとんどなく、何かしらの実務経験という経歴が採用の際には必要になります。また実務経験があるからといって実際のトライアルの試験の時にあまり良くなければ落とされることもあります。反対に実務経験が少なくともトライアル次第では採用と言うこともありますので、翻訳の仕事を探す時はトライアルの試験が重要な要となります。

トライアルが無事終了したら合格者を翻訳者として登録します。ただし登録されたからといってすぐに仕事がもらえるかというとそうではないのがこの業界の厳しいところ。登録している方は沢山いるので、登録直後から随時仕事が回ってくる事はほとんどありません。あくまで登録はスタート地点に過ぎません。与えられた仕事をきちんとこなし、仕事先との人間関係を築き自分を覚えてもらい、「今後も使いたいな。」と思わせるくらいきちんと仕事をこなす必要があります。 顧客の評判や前回請けもった仕事の作業スピードなども目に見えないあなたの情報です。一歩一歩確実にキャリアを積み重ねていきましょう。

トライアルとは別に実務経験が気になる方は、まずは仕事をする前に少し回り道をしてもいいかもしれません。例えば、顧客から請けた案件に合った仕事を依頼しスケジュール調整するコーディネーターのお仕事もひとつです。こういった経験が後に翻訳者の道が開かれた時にあなたの肥やしになりますし、手っ取り早く実務経験を積む方法のひとつだからです。

出版翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く