メインイメージ

出版翻訳家になるには

出版翻訳家になるには自分ひとりでこつこつ勉強を続けてもプロになることはかなり難しいのが現状です。というのは、そもそも自分の名前で訳書を出す機会に恵まれないからです。プロになるにはいくら優秀な人材でも誰かに認められなければなかなか世間に自分の名前を出すことができません。では、この業界で出版翻訳家になるにはどうしたらいいか?その方法について記述したいと思います。

まず、よく聞くのが、キャリアを積んだ経験豊富なプロの弟子入りをするケース。そもそもこの業界で有名な方とのコネクションがないとおもう方もいるかもしれませんが、意外と門戸を開いて翻訳家の卵を養成する勉強会を主宰する方もいます。その道のプロになるにはまずそういったかたの勉強会に参加する機会があれば積極的に参加するという事です。ここでは、さまざまな方の翻訳に接する機会もありますし、実力も認められれば下訳リーディングを任されるケースもあります。このようにして少しずつ下積みしていくのがこの業界でプロになるひとつの方法です。

プロになるにはそのほかの方法として、自分の腕に自信があればコンテストやオーディションに参加するのもひとつの手です。コンテストでは賞金だけでなく、翻訳の仕事駕できる機会を与えられるといったものもあります。また出版予定の書籍をオーディションで公平に審査するというものもあります。

プロになるには実力を付けていく事はとても大事ですが、それと同時につねに自分を認めてくれる人と出会うきっかけを探すということも大事な事です。

出版翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く