メインイメージ

マネジメントとITが加わった翻訳検定試験

翻訳検定試験とは、社団法人日本翻訳協会が運営する検定試験である技能認定試験の略称です。2010年からは内容が変更され、「JTA公認翻訳専門職資格試験」となりましたが、まだ浸透しているとはいいがたく、インターネットでも従来の技能認定や検定といった略称が使用されているようです。

検定は以前から、語学力などの能力そのものを検定する問題と、専門分野に特化した知識を問われる問題で構成されていました。しかし、現在の取り巻く状況の変化から、特にIT技術が現場の専門職に必須との考えになっています。そのため、検定では新たに、IT技能の分野を行うようになりました。これは、インターネット技術に関するスキル、情報収集する能力が問われるようになってきている現状を踏まえたものとなっています。更に専門職として、マネジメントに関する分野も追加されています
このため、現在の検定試験は、かなり広範囲な知識が要求されるハイレベルな資格になったといえるでしょう。 一時はソフトの発達により、将来に暗い影がさすのではないかとも意見が聞かれました。しかしインターネットの発達はよりグローバルで、専門的な知識を持つプロフェッショナルの需要を生み出しています。

この検定は、その時代に求められる、プロとしてのスキルを認定するものとして非常に権威のあるものといえるでしょう。これからこの業界で活躍していきたい方にとっては、やりがいのある仕事になってきています。

技能認定試験と検定試験


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く