メインイメージ

産業翻訳家の年収は?

産業翻訳家の年収は他のジャンルの翻訳家と比べて顕著なばらつきがあります。なぜ年収にばらつきがあるのか・・・?それは年収を決める上で重要な「収入の計算の仕方」に特徴があるからです。

例えば年収を1,000万円以上を稼ぐ産業翻訳家のケースを考えて見ましょう。通常産業翻訳家の収入は「単価×案件量」で計算されます。単純に考えれば年収をアップさせるには単価を増やし、仕事量をこなせばいいわけです。

ではひとつひとつ見ていきましょう。
まず単価の種類には二通りのパターンがあります。
ひとつは、そのお仕事が英文和訳であれ和文英訳であれ「訳文計算」と「原文計算」があります。難しい話は置いといて、訳文計算と言うのは簡単にいうと翻訳した文字400文字をひとつの単位として単価を決定する方法です。例えば400文字完成すれば1000円。と言う具合です。(英訳の場合単語200ワードあたりで計算)

一方、現在比較的主流とされているのが原文計算と言う方法です。原文計算は読んで字のごとく原文1文字に対して単価を決定する計算方法です。つまり、原文が1万字あって1文字あたりの単価が10円であれば10万円というのが単純な計算結果としての収入になります。(英訳の場合単語1ワードあたりで計算)

つまり報酬としての収入は時間で決められるのでなく、あくまで作業量とその単価によって決められる訳です。
そのため年収1000万円以上稼ぐひとと言うのは、まず作業に対してキャリアもあり、仕事を依頼した人から認められ、信用されていることが条件になります。そういった人は単価が高くなります。
そしてそのような人はこれまでの経験から作業を行う処理スピードが速くなり、他のひとよりも短時間で数多くの案件がこなすことができるため、通常の人よりも多くの案件量をこなすことが出来る訳です。

産業翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く