メインイメージ

産業翻訳家のアルバイト求人

産業翻訳者の求人を探す場合、まず知っておきたいのが会社の求人を探す(オンサイトで働く)ケースと、人材派遣会社に登録して仕事を探す方法の二つの方法があるということです。
一見、どちらも募集をしているようですが、求人の中身が若干異なりますので、その点について話を加えたいと思います。

通常、オンサイト(社内)で働くための求人を探す人は、学校を出たばかりでこれから実務経験を積んでいきたい方やこれまで学んだ専門知識を実践で使っていきたいという未経験の方が多いです。
一方、人材派遣会社に登録して求人を探す方は、翻訳という仕事に特化するというよりも、外国語を用いた事務と翻訳作業と言う形でその他の業務と兼用して働きたいという方向けです。そのため、人材派遣での求人を探す方はこれまで翻訳の経験が全くない方やその他の業務を行うことができる(行ってもいいと思う)方向けといえます。

また、自分は将来在宅のフリーランスで働きたいと思う方もいるかと思います。在宅フリーランスで活躍したいと思う方は、一度会社の求人や人材派遣に登録して仕事を探すなどして働き、実績や実務経験を積み、人脈を築いて独立するという方法もひとつの方法だと思われます。
ただいきなり、学校を卒業したり独学で学だ後に、すぐに在宅のフリーランスとして活躍するのは現実問題難しいです。
フリーランスの方の中には、これまで培った人脈を活かし企業や官公庁から直接仕事を請け負う方もいます。始めのうちは、これまでのよしみで仕事を依頼してくれる人もいますが、継続して仕事を受注するために扱えるジャンルの幅を広げる必要も出てくるケースもあります。

産業翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く