メインイメージ

産業翻訳の分野

取り扱う分野として産業翻訳家には多種多様の種類があります。扱う分野を挙げると以下のような分野があります。
経済一般・金融・WEB関連・IT・バイオテクノロジー・医学薬学・特許・自動車・食品・宇宙関連・ファッション・土木・広告・軍事・機械・半導体・石油化学・エネルギー・原子力・新素材・情報サービス・非鉄金属・サービス・不動産、、、など。

取り扱う分野は上述以外にも多くの種類があり、それぞれにおいて専門的な知識が必要とされます翻訳家は専門の分野で以前働いていたことのある方で実務経験がある方が多いのが一般的。例えば、電気や電子であれば、工学部出身の方だったり、機械や自動車の分野であればメーカーで海外経験がある方だったりします。つまり外国語プラスの専門的知識が重要視されるという事です。

ではこのような中で今後ニーズが増えそうな手堅い分野はどのようなものがあるか。いくつか挙げてみましょう。
まず、パソコンの更なる普及に関連してIT(ハード)のマニュアルやオンラインマニュアルなどの需要が期待できます。
さらに外資系の金融機関が公表する月次レポートや年次報告書、監査報告書なども金融が発達している現代では欠かすことの出来ないニーズでしょう。
また、高齢化社会に伴う医学・薬学も医学の論文や医療機器の翻訳、最新の医療情報の報告書、治験薬概要書といったニーズも想定できます。

こういった専門性の高いジャンルの需要は人手が不足するケースがあるので、手堅く狙うのであればこういった今後のニーズが期待できるものがいいでしょう。

産業翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く