メインイメージ

ロシア語の在宅需要は少ない

現在、在宅で仕事を行う環境が整っています。インターネットで検索してみれば、在宅業務を募集するサイトがいくつか見つかります。ほとんどは英語、続いて中国語、韓国語というのが実際の求人の状況でしょう。
ロシア語に関しては、需要の面ではやはり少ない面は否定できません。しかし、ロシアはBRICsといわれる経済成長が目覚しい4カ国の中の1カ国に数えられている国です。そして曲がりなりにも、超大国となったアメリカと何十年も対峙してきた国家であり、その底力はあなどれません。宇宙技術やIT技術など最先端技術の面では多くの優秀な人材を抱えている国です。また国内には豊富な資源を持ち、ロシア経済は更に発展が可能であるとみられています。このように、将来性があり、経済的な交流も盛んになってくると考えられる国家の言語ですので、長い目で見ていくと、需要は増えていくのではないかと予想できます

現在の仕事は、多くの翻訳会社が内部にスタッフを抱えるのではなく、翻訳者を外部契約で持ち、在宅による仕事を管理する形で行っております。特に、ロシア語などの専門性が高い言語などは、会社内にスタッフを抱えるということはあまり考えられませんので、アルバイト的に在宅業務の方に案件が流れていくでしょう。

在宅での仕事を請負う場合、まず本人のスキルがどの程度のものであるのか、会社の方でテストが行われることが普通です。また。留学経験などがあれば、採用にプラスになることもあります。ロシア語はそれほど需要が多い言語ではないですが、逆にしっかり翻訳ができる人間も圧倒的に少ないといえます。この点在宅業務で仕事をするのであれば、英語を軸に、プラスワンということでロシア語の業務を請負うのが効率的ではないかと考えられます。

ロシア語の在宅募集について


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く