メインイメージ

韓国語翻訳者の募集案件

募集案件として韓国語翻訳者は非常に多いです。ネットの専門サイトで検索すればよく分かることですが、どこのサイトでもかなりの数の韓国語の募集案件を見つけることができます。

以前より、経済、産業分野における需要は大きかったが、最近は文化面においても需要が急増していることが指摘されています。

日本と韓国の文化交流は非常にいびつでした。日本からの一方的な文化輸出に対し、韓国側が日本的なコンテンツに障壁を作るというような形が定常化していたのです。日本文化の規制といわれていたものですね。
2000年以降、若干この流れが変化し、韓流ブームにより、日本人でも韓国に興味を持つ層が増えてきました。そして韓国側でも規制の緩和、開放の動きへでることになったわけです。その後、韓流ブームは以前のような加熱状況からは、沈静化しているようには見えます。騒いでいるのはおばさんだけという指摘の声も聞こえなくは無いです。

しかし、現実はそうではないのです。このブームの後も韓国から入ってくるコンテンツの量は急増を続けています。最近は韓国ドラマではなく、アイドルの輸入が盛んになってきました。今後も様々な分野のコンテンツが相互に行きかうことになると想定されます。それに対し、日本では国内での韓国語の育成が大きく遅れており、慢性的に翻訳者が不足しているという状況です。

このことが、インターネットなどの募集の専門サイトなどでも、韓国語の募集が非常に目立つという現象を引き起こしている。特に何かしらの専門分野に強い翻訳者の募集は多い状況です。

在宅で韓国語募集にチャレンジ


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く