メインイメージ

神奈川のボランティア研修

神奈川県は元々、横浜市という国際都市、横浜港という国際港を抱え、鎌倉市や平塚市などの外国人観光客を誘致に熱心な自治外が存在します。そのため、翻訳や通訳などのアルバイトの需要が比較的多い県であるといえます

その神奈川県の横浜市で先日、世界的なイベントといえる国際会議であるAPECが開催され、無事終了しました。世界的な規模の国際会議ですので、多くの通訳や翻訳の人たちがアルバイトや派遣として動員されたようですが、その通訳の単価がかなり低かったということで問題提起している人がいます。これは、高校生や市民ボランティアを研修という形で教育し、無料のアルバイトをさせたからであるという指摘でした。確かに調べてみますと、通訳ボランティア研修と称して、事前に研修を行い、その上で高校生に動員をかけたようです。

これが自主的な研修であったのか、半強制的な研修であったのかは分かりません。サイトによっては反強制的なものであったとしているものが多いようですね。

この研修を経た神奈川の高校生の動員の影響で、通訳、翻訳アルバイトの単価が影響を受けたとするならば、民業圧迫もいいところです。そもそも、世界的イベントである国際的会議が目的で集まる外国人に対し、子どものボランティアで対応しようとする自治体側の態度にも問題の指摘を受ける余地はあるのではないかと思います。APECの開催の機会を利用し、国際教育の場にしようとする意図も分からなくはないですが、やはり通訳はボランティアではなくしっかりと対価を支払うビジネスとしてやってもらわねばそこに責任も何もないと思います。無償の人間を集め、ビジネスの機会を奪うと言うのはあまり褒められたものではなかったと思います。

国際都市の神奈川


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く