メインイメージ

フランス語在宅希望は情報収集

在宅でフランス語翻訳のアルバイトをしようと考えた場合、そのとりまく環境はどのようなものでしょうか。現在の日本の市場の中では英語が独走し、中国語が伸びているという状況で、フランス語の需要は英語ほどの需要は無く、中国語のような伸びを見せているわけではありません。在宅アルバイトの募集サイトをみても、フランス語を見つけるのは中々難しいかもしれません。また、あったとしても安定した在宅ワークとなるかというと、多少の不安は残ります。

しかし、フランス語圏というのは世界に多くあります。西アフリカなどかつてフランスを宗主国としていた国家などで使用されており、言語の使用する人口は2億人を超えています。英語を除くヨーロッパ系の言語としてはロシア語、スペイン語に拮抗した人口数です。しかも、このフランス語の世界というのは独特なものがあります。母国フランスはもちろんのこと、なにより非常にフランス語文化というものを大事にする国が多いということがあげられます。ある意味外来語を排斥するという戦争中の日本にちょっと似たところがあるのかもしれませんが。

しかし、この頑なさも、フランス自体がグローバル化に逆らえないという現実もあります。そしてフランからの情報の発信をそのままフランス語でというわけにはいかないわけですね。やはり英語なり、ビジネスの対象となる国の言語にする必要があるわけです。フランスは文化面でも独特の強みをもっています。ビジネスの現場でフランス語→英語→日本語というような翻訳経路で費用と時間をかけるよりは、フランス語から直接日本語へ、またはその逆へという需要は堅調に維持されています。

フランス語一本の在宅ワークというのは中々厳しいのかもしれませんが、全くこれが無いということでもないわけです。このような言語は翻訳単価の高い仕事も多いですので、地道に色々な在宅翻訳求人サイトに登録し情報収集を行っていくことが基本となってくるでしょう。

フランス語アルバイトの需要も少ない?


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く