メインイメージ

フランス語募集をサイトで確認

募集について考えた場合、フランス語の翻訳アルバイトなどの求人は英語に比べて少なく、最近伸びを見せている中国語に比べても少ないというのが正直なところでしょう。これは、インターネットのアルバイト求人サイトで募集を確認すれば、分かることだと思います。ネットによる募集というだけではなく、市場としてやはり少ないのです。

ただ、逆いえばそれだけライバルが少ないともいえます。英語のアルバイト募集などは、かなりレベルの高い在宅ワーカーがひしめきあっており、競争もそれだけ厳しいものになります。

かといって、フランス語翻訳が生ぬるいとか、甘いという話ではないですが、そもそも応募してくる人間の数も少なく、小まめにネットでの募集を探せばそれなりに成果は上がるのではないかと思われます。

とはいっても、フランス語だけの募集を狙うのでは、中々厳しいのも現実です。やはり軸として英語もできるというスキルは欲しいとろです。英語を軸として、フランス語も可能ともなれば、求職エリアは大きく広がり、かなり単価の高い募集案件にも対応できる可能性もあります。

更に、フランス語という言語だけではなく、その国の文化などへの知識、造詣も深めておくことも翻訳者としてのスキルを高め、安定した仕事ができるということにつながります。これはフランス語に限った話ではないですが、翻訳はコミュニケーションの橋渡しであり、そのためには相手の考え方のベースに何があるのかという理解があるのと無いのでは全く異なってきます。 後は、地道に案件をこなし、クラインとの信用を確実に得るようにしていくことになります。

フランス語アルバイトの需要も少ない?


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く