メインイメージ

人材派遣されて通訳アルバイト

通訳の勤務形態には、様々な形態が考えられます。まず、企業内のプロパー社員として働く社内翻訳者、通訳者という存在。そして、翻訳会社などの社内で働く翻訳者、また同様の会社と直接契約し、その仕事を請け負うフリーの翻訳者。そして、人材派遣会社などから企業に派遣され、翻訳、通訳を行う派遣という勤務形態をとるものがあります。

この、派遣による勤務については、非常に需要が多く、一般的に企業側の評価が高い物になります。まず、事務関係の中でも、通訳関係の仕事は平均時給が最も高くなっているというデータが各種の派遣会社のサイトなどから分かります。ビジネスのグローバル化により、現場での通訳関連の需要は多く、それを社内では消化しきれないという企業が多く存在するということでしょう。このため、外国語ができるということは派遣においても非常に評価の高いものになります。
特に日本国内の翻訳、通訳需要の90%が英語間日本語のものですので、業務においても、英語力のスキルがあることが大きな武器となります。

英語ができるという人は山ほどいそうですし、需要よりも供給の方が多く、競争が激しいのではないか。それが理由で英語ができてもさほど派遣単価には影響しないのかと考えているとそれは、大きな間違いのようです。やはり、ビジネスの現場では英語ができるということはアドバンテージであり、そのことは多くの派遣募集サイトなどが公開している平均時給単価などで見て取ることができます。

企業に派遣されアルバイトする


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く