メインイメージ

通信教育で映像翻訳を学ぶ

通信教育で学ぶことが出来るのも、翻訳学校(スクール)の特徴のひとつといえるでしょう。
というのは、通訳の場合、通信教育で学ぼうと思っても学ぶことができないからです。翻訳を学びたい方はそのジャンルが、映像、出版、産業であっても、通信教育で学ぶことが可能です。
通信教育であれば、自宅が都内にない方や、住んでいる環境が交通のアクセスが悪いところに住んでいる方にとっては好都合です。

ただ全ての授業が通信教育で出来る学校や、比重を通信教育をメインに授業を進める学校もあるので事前にチェックが必要です。

一方、注意異していただきたいのは通信教育の場合、通学と比べて同じ道に進む友人が出来にくかったり現役のプロの方と人脈を作りにくいなどのデメリットもあります。
業界に少しでも早くデビューしたい方にとっては人脈は宝です。メリットとデメリットを考慮した学校選びが必要です。

またもうひとつの学校選びのポイントとして、あなたが何を学び将来何になりたいのか明確にするという事です。 学校によっては、基本的な勉強をはじめ、その後出版、映像、産業の勉強をするところもあれば、初めから出版、映像、産業の技術を学び始めるところもあります。自分が映像の仕事につきたいと思っているなら映像をメインに学ぶコースから始めてもいいでしょうし、まだはっきり決まっていない方は翻訳を全般的に学べるコースから始めてもいいでしょう。

以下に通信教育で学べる学校をいくつか記載します。

○ヒューマンコム(東京都新宿区)
韓国語ドラマ通信コース
○フェローアカデミー(東京都港区)
映像コース(通学)
映像<吹替と字幕>(通学)
○富井翻訳教室
富井教室の自宅学習コース
○アイエスエスインスティテュート横浜校(神奈川県横浜市西区)
映像字幕オンライン
○シーコミュニケーションズ(神奈川県横浜市神奈川区)
中国語通信講座
○インタースクール名古屋(愛知県名古屋市中村区)
在宅コース本科
○ILC国際語学センターテクリンガ部門大阪校(大阪府大阪市中央区)
特許明細書英訳の方法

映像翻訳


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く