メインイメージ

在宅で英語のアルバイト

在宅で英語アルバイトをするためには、まず在宅の翻訳者の登録を募っている会社のサイトがあります。これは普通に検索すればいくらでも見つけることができるものです。ここで登録し、案件に対して応募をします。仕事を出すほうとしても、在宅業務ということで、相手がどの程度のことができるのか分かりませんので、実際にこの案件を達成できるスキルがあるかどうか、テストが行われます。このテストに合格すれば、この仕事を受注でき、在宅でアルバイトの開始となるわけです。

このようにして、仕事を請け、納期を守り、安定した品質で納品しているならば、やがて信用を得ることもできます。そうなりますと在宅での業務も軌道に乗ってくるでしょう。そのためには、在宅であるということに甘えることなく、相手の信用を得るために納期、品質には注意を払っていくべきですね。

翻訳や通訳の仕事に関して言語別にその内訳を見ていきますと、日本語-英語間の業務が全体の90%を占めるといわれています。これは、英語が世界標準のビジネス言語であることを示しているといえるでしょう。英文和訳、和文英訳の割合は拮抗していると言われています。 そして、翻訳関係の仕事の地域別の需要を見ていますと、やはり首都圏が圧倒的で全体の70%以上は首都圏の企業などがクライアントとなっているようです。これは、東京を中心に外資系の本社や国際市場でビジネスを展開している大企業の本社が集中していることが要因でしょう。ただ、今はインターネットの普及によって、在宅で英語翻訳のアルバイトができる環境が整っています。つまりネットにつながるパソコンさえあれば、在宅でどこにいようが翻訳の仕事をすることが可能だということです。

また、英語力だけではなく、業務に関する専門知識があるならば、一層受注の範囲は広がっていきます。とくに英語の場合主流は産業翻訳というビジネスにおける契約書、マニュアルなどの様々な書類の翻訳がメインになります。先方の信用を得るためには、このような知識を身につけていく努力も必要となるでしょう。

英語力と専門知識があると強い


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く