メインイメージ

英語での募集は産業翻訳が主流

募集について、英語の業務では、案件自体はアルバイトを含め相当数存在します。まず翻訳と言うと、小説や映画などのコンテンツなどが思い浮かぶかもしれません。しかしこのように、「訳者:○○○○」というように名前の出るような、仕事は全体のごく一部です。なぜなら、このような仕事は、一定レベルの以上の英語のスキルを持っている人の中でも、お金を払ってでもやりたいという人間が多くいるからですね。普通に、一般的な募集は無いと考えるべきでしょう。

英語の世界では、主流といえるのは、産業翻訳という分野です。ビジネスの中で必須とされる契約書、マニュアル、商品カタログなどの訳がこれに当たります。やはり、英語がビジネスの場面で使用される標準言語、言ってみれば世界共通言語的な地位にあることからも、この産業翻訳に関する募集がメインであると考えて差し支えないでしょう。

この中でも、特に募集が多いのがコンピュータ、医療・薬品、特許関連と言われています。特にコンピュータの分野は英語圏であるアメリカがダントツの技術力をもっているため、英語力は武器となります。ただし、最近では一定水準以上の英語力を持ち、コンピュータスキルもあるという層が増えてきており、募集に対し応募数が多くなってきていますので、競争ということでは厳しい物があるといえます。

その分、医療、薬品、特許など業務における知識を身につけている層が比較的薄く、まだまだ売り手市場と言えるようです。今後英語でのアルバイトを考えているならば、このような分野について興味をもって、基本的な用語などの知識を身につける努力は必要ではないかと思われます。

英語力と専門知識があると強い


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く