メインイメージ

ドイツ語の募集について

募集などドイツ語単独のアルバイトだけを狙っていくというのは厳しいかもしれませんが、ネットが普及した現在、在宅であっても、様々な言語の案件を探すことが可能です。まずは英語などを大黒柱として、より単価の高い、ドイツ語案件のアルバイトも小まめに探していくということで対応してくことがいいのではないかと思われます。

求人サイトを見ますとやはり、圧倒的にアルバイトが多いのは英語です。ビジネスの世界、特にコンピュータ関連など需要の多い産業翻訳に関しては募集も多いですし、また応募も多いという状況です。やはりパソコンやインターネットの普及などに伴い、ビジネスのグローバル化が進み、そのベースとなる技術もやはり英語という言語で解説されることが多くなっているためでしょう。

そのような中で、他の言語の募集状況はどうなのでしょうか。中国語などは、経済関係の深まりや観光客の増加などによりその需要を増やしています。一方でヨーロッパ系言語の代表であるドイツ語、フランス語となりますと翻訳などの求人募集はやはりさほど数は多くはありません。これは、日本語をドイツ語にするような場合、ドイツ語ではなく英語翻訳として費用を下げるという企業側の経費節減の動きもあるためです。ただ、逆にいえば、ドイツ語などの翻訳者の募集があった場合、その単価は英語などに比べ高くなるという、仕事を請ける側から見たメリットはあります。

ドイツ語在宅募集を探す


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く