メインイメージ

新日本センターと東海綜合センター

記事一覧
  • 新日本翻訳センター
  • 東海綜合翻訳センター
  • 新日本翻訳センター

    新日本翻訳は平成14年に設立された比較的新しいセンターです。同社では、医薬特許工業など多くの専門分野をカバーする人材を抱えています。昨今の細分化、専門化の著しい技術分野においても、対応可能な人材を揃えることで、時代の要求に応えている翻訳センターの一つであるといえます。

    新日本翻訳は、メディカル関係の分野を更に細分化して主に8分野において専門的な業務に対応する体制を整えています。このメディカル分野と同様に、特許では細分化されたバイオ、ITなど主に6分野、工業では、細分化されコンピュータ、半導体などの先端技術など主に14分野にについて対応できる人員とスキルをもったセンターとなっています。

    また、新日本翻訳では、ちょっとした訳やマニュアル、カタログなどの作成なども行っており、あらゆるシーンでユーザーのニーズに応えるべく体制を作っています。社内文書のちょっとしたものから、テクニカルなマニュアル、といった全般の作成まで幅広く対応可能となっています。

    更に、新日本センターは、世界の主要言語である英語、中国語など14カ国語以上。更に特殊な言語、急ぎ案件や大量案件などの要望に応えられるように、1000人を超すスタッフを抱え、幅広い案件に柔軟に対応できる体制をもった ・・・

    新日本翻訳センター の続きを読む

    東海綜合翻訳センター

    東海綜合翻訳は1981年創業のセンターです。名古屋を本拠地として、58カ国語を越える通訳、翻訳などの業務に携わってきた歴史とノウハウのあるセンターといえます。インターネットの普及によるビジネスのグローバル化によって、より専門的な業務を扱うセンターは身近な存在となっているといえます。世界とビジネスをする上で、その障壁となる「言語」は簡単なものではありません。日本語同士ですら、コミュニケーションエラーを起こすケースがある中で、異文化に立脚した他国言語を介在したコミュニケーションには最高のスキルと細心の注意が必要であることは言うまでもありません。

    東海綜合では、プロフェッショナルとして、ビジネスのあらゆるシーン、文化交流、アミューズメント、科学、医療の分野において、多くの実績とノウハウを持っています。 まず、東海綜合の業務の大きな特長は、「ダブルディスプレイチェック」といわれるチェック手法を採用していることです。成果物の品質を高めるため、原稿と結果を同じサイズで並べ、チェッカーがチェックをします。これが、東海綜合の高品質な成果の一因にもなっているものです。

    また、東海綜合では、使用する用語を統一した用語集を作成し、作業の際のコミュニケーションの齟齬を回避するようにしています。この用語集によってあらかじめ、語彙を特定することにより、原文との乖離を防ぎ、コミュニケーションの齟齬を無くすこと ・・・

    東海綜合翻訳センター の続きを読む


    翻訳のお仕事探しおすすめサイト

    ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

    イメージ
    リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
    実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

    ⇒詳しい説明を読む
    ⇒リクナビNEXTのHPに行く