メインイメージ

東南アジアのハブ、タイ語は?

タイは第二次世界大戦前からの東南アジア唯一の独立国であり、日本との交流の歴史も長い国の一つです。また、東南アジアにおいては、ハブ的な国家としての位置をしめており、日本企業の進出が非常に盛んであり、その数は3000社以上といわれています。当然現地の日本語熱は高く、日本語、タイ語の翻訳需要は多いといえます。ただ、現地の日本語熱が高いということは、安い人件費でタイ人が通訳、翻訳を行う局面が多くなるともいえます。

もし、日本人である貴方がタイ語を武器として業務を行うのであれば、より専門性の高い知識が必要になるかもしれません。タイに進出している企業の専門分野について、強い知識を持っていることが、タイ語翻訳のアルバイト業務に関して有利に働くでしょう。

当然、アルバイトを探すに当たっては、求人専門サイトでタイ語の募集案件を探すわけですが、それとあわせて、タイに進出している企業などの求人情報などもチェックしてみるというのも一つの方法です。仮に翻訳のアルバイトでないにせよ、中に食い込むことで、自分をアピールし、タイ語が出来るということで、新しい局面が開ける可能性はあります。何事もとりあえず、動いてみることが肝心です。タイ語が多いといっても、英語や中国語にくらべべればそれはまだまだ小さな市場です。

ただ、タイという国の国家的な位置づけ、経済成長の可能性などを考えると、タイ語を身につけ、スキルを持つことは、今後自身の大きな武器となり、アルバイトなり、求職の際の大きなアピールポイントとなる可能性があると考えられます。

東南アジアの需要


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く