メインイメージ

インドネシア語の需要

インドネシアは、人口2億を超える国家であり、その公用語であるインドネシア語はその意味では多くの人が使用している言語といえます。また、日本との経済関係も深く、UFOキャチャーのぬいぐるみなどをみてみますと、その多くが「メイドイン・インドネシア」と書かれてることが多いです。豊富な労働力と豊かな資源を持つ国であり、経済成長が見込まれる東南アジアの中でも、有力な国家といえます

さて、そのインドネシア語ですが、おそらく日本でこの言語を完全に身につけている人というのは、現地で仕事をする必要のある人が身につけたというもので、英語のように趣味的に身につけたという人はかなり少ないと思われます。
言語人口に比較すれば、日本の中でそれほど多くの翻訳業務、アルバイトが存在するわけではない国です。

インドネシア語1本だけのアルバイトでやっていこうというのは、やはり非常に難しく、やはり世界言語である英語をそこにプラスするということが重要であると考えられます。
インドネシアは東南アジア諸国の中でも、有力な国家であり、国際会議なども多く開かれます。その場合などはやはり日本語インドネシア語英語の3つの言語のスキルをもっていることが非常に大きな武器となるわけです。

基本的に仕事の探し方は他の言語と同じく、専用サイトなどの登録などが必要でしょう。しかし、中々ニッチな部分がありますので、インドネシア語だけということではなく、英語もできること。そして、ビジネスをする上での何かしらの専門知識が欲しいとことです。最近有力なものでは、環境ビジネスなどの分野ではないでしょうか。
このように得意なビジネス分野と組み合わせて攻めていくというのも方法の一つであると思います。

東南アジアの需要


翻訳のお仕事探しおすすめサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実リクナビNEXTお勧めNO1

イメージ
リクナビNEXTは、スカウト求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む
⇒リクナビNEXTのHPに行く